IR情報IR情報

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本姿勢

当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様に適時・適切に情報開示を行います。株主・投資家の皆様にとって有用と思われる情報は積極的に開示し、透明度の高い経営をめざします。また、さまざまな機会を通じてコミュニケーションを図ることにより、株主・投資家の皆様から、より高い信頼を得られるよう努めます。


開示基準

当社は、金融商品取引法などに基づく法定開示制度や、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、公平で継続性を重視した情報開示を行うとともに、適時開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様に当社をより理解していただくために重要であると判断した情報については、積極的に開示します。


開示方法

当社は、適時開示規則に基づく情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報システム(TDnet)にて公開するとともに、TDnetにて公開した情報は速やかに当ウェブサイトにも掲載することとしています。


沈黙期間

当社は、決算関連情報の漏洩を未然に防止し、情報開示の公平性を確保する観点から、決算発表前の一定期間を「沈黙期間」としております。この期間中は、決算・業績見通しに関する問い合わせへの対応を差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に公表している業績予想と大きく異なる見通しが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

将来の見通しについて

当ウェブサイトには、当社グループの業績見通し、目標、計画、戦略等の将来見通しが含まれておりますが、これは当社が現時点において入手可能な情報に基づく判断や仮定によるものであり、今後の経済環境や事業運営など不確実な要因の影響を受けます。従いまして、実際の業績等が予測値と異なる結果となる可能性があることをご承知おき下さい。