トップ > 企業情報 > CSRへの取り組み > 地球環境への取り組み > オカムラグループの環境への考え方
地球環境への取り組み

オカムラグループの環境への考え方

オカムラグループの環境方針

オカムラグループの環境方針は、トップマネジメントによって表明された、オカムラグループの環境への取り組みに関する全体的な意図および方向づけを示したものです。オカムラグループとして共通の環境方針を掲げて環境活動に取り組むことにより、グループ全体の環境パフォーマンスの向上と環境負荷の低減につなげています。

経営の基本方針と環境への取り組みの関わり
(2016年度)
図

オカムラグループ環境方針
環境基本方針

オカムラグループはGREEN(環境配慮)のWAVE(波)を自ら起こし、その波に乗るという「GREEN WAVE」の考えの下に、すべての事業活動で経営資源(人・設備・材料・技術)を活用して環境負荷低減活動を実践します。さらに、その成果をステークホルダーの皆様に提供することで、「持続可能な社会の構築」に貢献いたします。

環境行動指針
  1. オカムラの実践

    オカムラは、ものづくりとコミュニケーションを通じて環境負荷の低減を推進します。

    重点項目
    ものづくりでの環境保全活動
    開発・製造・販売・物流のそれぞれの分野を通じて環境保全活動を実践します。
    社会に拡げる環境活動
    事業や従業員の活動を通じて、地域・社会とのコミュニケーションを拡大し、相互理解を深めます。

    (主な活動項目:地球温暖化防止、省資源・廃棄物削減、社会貢献とコミュニケーション)

  1. オカムラの提案

    オカムラは、事業活動を通じて、お客様の環境負荷の低減のお手伝いをします。

    重点項目
    製品の提案
    お客様が満足できる、環境に配慮した製品を提供します。
    空間の提案
    環境負荷を低減できる空間をプランニングします。

    (主な活動項目:環境配慮製品・空間プランニング、製品情報開示、製品リスク対策)

この環境方針は、オカムラグループ各サイトのすべての要員に周知するとともに、一般の方々にも開示いたします。

(抜粋)

環境長期ビジョン「GREEN WAVE 2020」と環境中期計画

オカムラグループでは、環境方針に基づきグループがめざすべき方向を示した環境長期ビジョンを10年ごとに策定しています。さらに、3年ごとの環境中期計画、単年度の目的・目標を定め、長期ビジョンの実現に向け、着実な取り組みを進めています。
2015年度は、2020年度を見据えた環境長期ビジョン「GREEN WAVE 2020」(2010年度策定)に基づく「第8次環境中期計画」の初年度として、活動を推進してきました。「GREEN WAVE 2020」の目標達成に向け、2016年度以降も中期計画に基づく継続的な活動を進め、さらなる前進を図ります。

環境長期ビジョン「GREEN WAVE 2020」の主な内容

項目 2020年度目標値
1.地球温暖化防止対策
  • 温室効果ガス排出量30%削減(2005年度比)
  • エネルギー生産性10%向上(2010年度比)
2.省資源、廃棄物対策
  • 主要配送センターのゼロエミッション継続
3.製品のエコ提案
  • 「グリーンウェーブ+(プラス)」の推進
  • 製品のグローバル基準対応
  • 用途別対応製品
4.空間のエコ提案
  • グリーンワークプレイス・グリーンストアの研究と展開
5.生物多様性
  • 木材利用方針の推進

環境中期計画の位置づけと考え方

オカムラグループでは、環境中期計画を策定することにより3年後の到達点を明確にし、初年度・次年度の達成目標を掲げ、活動の進捗を管理しています。
また、環境方針に基づきオカムラグループが環境活動を実践する「エコの種」と、環境活動を通じて生み出された製品やサービスをお客様に提案する「エコの実」に項目を分け、それぞれに関して活動目的を明確化し目標を設定しています。

環境長期ビジョン・環境中期計画と
単年度の目的・目標の関係
図