Horse Logging Furniture

~馬搬を通じて森の健全化と林業再生へ~

2012年、林野庁から長野県黒姫のアファンの森に隣接する国有林の整備を委託されたC.W.ニコル氏。
その人工林から伐り出した間伐材を、森にやさしい運搬の伝統技術「ホースロギング(馬搬)」で運び出し、
森の健全化をめざす家具「ホースロギングファニチャー」が生まれました。

森の経済を循環させる家具「ホースロギングファニチャー」

荒廃した日本の森を再生するため、長野県黒姫で私財を投じて放置されていた森を買い取り、アファンの森として再生を実践してきた、C.W.ニコル氏。
その活動は林野庁も動かし、2012年にアファンの森に隣接する国有林の整備を、民間団体として初めて協定を結び委託されました。
まずは暗く荒れ放題の人工林に光を呼び込むため、残すべき木を選び、健全な成長が見込めない木の間伐を、森林管理の一人者である京都大学名誉教授の竹内典之先生の指導のもと実施しました。
放置されていた人工林には作業道もなく、伐り出した間伐材を運び出す手段としてホースロギング(馬搬)を行うことになりました。
人工林はもともと木材を生産し森の経済を循環させる重要な役割があります。そのため切り出した材を有効活用することが肝要と考えたニコル氏の協力要請により、ホースロギングで伐り出された木材をオカムラで家具にして世に出し、人工林の再生方法やホースロギングの振興を世の中にアピールするため、ホースロギングファニチャープロジェクトが立ち上がりました。
放置された人工林のスギの間伐材を販売できる家具にすることは課題も多いのですが、ニコル氏の熱意により、人の汗と知恵と愛情をもってプロジェクトは推進されています。
家具に出来なかった部分は、チップにして森の散策路に散布し土に戻したり、簡易製材を行い、森のベンチや設備に生まれ変わりました。

森にやさしい伝統技術 ホースロギング(馬搬)

馬は、歩きやすい道を知っています。森のなかで、人から木材を託されると、馬はじぶんで歩く。目的地まで先に行き、待っていることさえあるそうです。人と馬が一体となって、森から木を運びだす「ホースロギング(馬搬)」。日本の森で昔から行われてきた、自然に寄り添う林業技術です。
馬が歩くと適度に耕され、山菜がよくとれる。そう言われることもあるように、「馬搬」は森にやさしい手段。車体の重い重機に比べると、地表へのダメージは極端にすくない。新たに作業道をつくる必要もなく、小回りがきき、立木を傷つけることもほとんどない。重機が入れない斜面や、いりくんだ森林でも活躍できる。斜度25度くらいまでなら、馬が引ける。
そして、森にやさしいだけではありません。日本で一般的に行われている小規模林業において、馬搬は手間やコストの面でも有利なことが多いのです。
ヨーロッパでは今でも活発に活用されている優れた林業技術なのです。
ほんの数十年前まで、日本各地の森林であたりまえの光景だった「馬搬」。その技を受け継ぐ人は、いまでは岩手県遠野市に残るだけどなり、名手2人も高齢化してしまいましたが、それを継ぐ次世代のチームが「馬搬」の普及や啓発に取り組んでいます。
古くて新しい自然によりそう林業技術を、日本でも復活し普及することをめざし、ホースロギングファニチャープロジェクトは続きます。

間伐された人工林がどう変化していくかを調査することも、アファンの森財団により実施されています。手を入れ始めた1年後には花も咲きだし、チョウをはじめとした昆虫たちも戻り始めました。

ホースロギングファニチャーシリーズのご紹介